2014年11月08日

10月26日 穂別の文化祭で 武田朗秀さんと

10月26日に、むかわ町穂別地区町民文化祭で、武田朗秀さんとセッションしてきました。
NOTO~凪~からは、わたし田中敬三と貝沢寛子さんが参加し、金谷栄二郎さんが伝承し、演奏していた「スマリー・プー・コサン」「イフンケ」と西平ウメさんが伝承し、演奏していた「ポン・スマリー・ヘチレ」の、計3曲を演奏しました。それぞれの曲にバイオリンの武田朗秀さんがオリジナルの旋律をつけて絡んでくる、という構成をとりました。
貝沢さんが、ふだんトンコリの練習に使っている数字符を五線譜に直して武田さんに渡したのが数日前で、武田さんの旋律ができたのがなんと当日(!)。ほとんどぶっつけ本番でした。準備不足ではあったものの、何度も演奏して耳慣れていた曲が、バイオリンという別の楽器の音色と出会って、まったく違う音楽に変わっていくという、貴重な体験ができて、よかったでした。
武田朗秀さん、どうもありがとうございました。 (田中敬三)



タグ:トンコリ
posted by NOTO at 14:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする