2020年02月01日

1月31日の集まり

毎回、集まった人の人数で時間を均等割りして、それぞれの時間はそれぞれの人がリードして進めるというやり方をしていますが、今日は、根本幸子さんがリードする時間は、富田友子さんの楽譜と金谷栄二郎さんの録音から起こした楽譜で、曲名が同じ曲(「トーキト ランラン」「スマリー プー コサン」)を同時演奏するという試みをしました。曲名は同じでも曲は違う曲で、曲の長さも違うのですが、どちらも使われる5つの音は同じ(ペンタトニックの音階)なので、違和感なく、新鮮な響きが生まれて、興味深かったです。
わたし、田中敬三がリードする時間には、小泉八雲の「耳なし芳一」を浪曲ふうに、トンコリ弾き語りで、即興で上演しました。
posted by NOTO at 02:22| Comment(0) | トンコリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください