2018年04月13日

次回のトンコリの集まりは5月25日

次回のトンコリの集まりは5月25日(金)15時~17時、平取町中央公民館音楽室で。
トンコリは5本の弦をはじいて鳴らすだけの簡単に演奏できる楽器です。
トンコリに興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に遊びにいらしてください。
トンコリをお持ちでない方には、お貸しします。
当日集まったメンバーで時間を均等割りして、各人がやりたいことをリードしてやるやり方でやっています。
posted by NOTO at 20:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

4月6日の例会


今日の集まりでやったのは、まず、3本のトンコリのための「カノン」。伝承曲の主題(モチーフ)がバランスよくちりばめられた小曲。
次に、「イケレソッテ」を2種類。千葉伸彦さんの楽譜によるものと、富田友子さんの楽譜によるものと。
そして、違星北斗の短歌をトンコリ弾き語りで即興で歌う、という活動。どの短歌を選ぶか、どう歌うかに個性が表れておもしろいし、今表現されて、それを今聴き味わえる、ということのすごさに感じいる。歌うのがつらかったり、畏れ多かったり、との意見もありました。今日歌われたものから、いくつかを以下に。

甘党の私は今はたまに食う
お菓子につけて思う東京

沙流川は昨日の雨で水濁り
コタンの昔囁きつ行く

貧乏を芝居の様に思ったり
病気を歌に詠んで忘れる

最後に、おまけのように、ジョン・バチェラーの「アイヌの炉辺物語」をベースにした英語のラップをやってみました。神話的世界観がラップという様式にのって再現される意外さがおもしろいと思う。やるたびに変更があるのですが、とりあえず、以下は最新バージョンです。

Where did the birds come from?

Among the islands   of the sea
there is a land   named "bird country".
In the middle   of this land   
there is a great   lake.
The name of it  is "Lake to which
birds came down".
A great kamui   made many   kinds of birds
and put them   upon this lake and 
in the country   around.
For that reason   it has the name of
"Lake to which   birds came down".

Among the birds,    the fowl   is the chief.
And so   the bird's name is
"Bird which came    through the clouds".
Among the birds,
only the fowl's voice   is heard  from the sky.
But the  Japanese now   keep these birds and
use them for food.
The name   Ni-wa-tori is   Ja-pa-nese.
But the true name   of this bird is
"Bird which came   through the clouds".

The duck came from
the "Lake to which   birds came down"  
to be living   in this country.
The goose came from
the "Lake to which   birds came down"
to be living   in this country.
And again,
there are many   other kinds of birds
which came from   the "Lake to which   
birds came down"   to be living   here.

posted by NOTO at 22:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

3月28日の例会

今日のトンコリの集まりで新しくやったことは、楽譜を見ないで弾く練習です。最初は見るのですが、それを指で覚えて、今度は楽譜を見ないで、楽器も見ないで弾く練習です。1小節ごとに練習します。10分ほどで、炭坑節の「月が出た出た、月が出た、ヨイヨイ」まで覚えて、空で弾けるようになりました。このペースなら、全曲覚えるのもわけはない。トンコリを弾きながら歌も歌えるようになるのも夢ではない!
posted by NOTO at 22:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする